CSSテスト中

マルシェル by goo - Marchel

公式インスタグラムで商品紹介中

SP-01 BOOST Ti 316「#ツール・ド・フランス」サドルサイズS

SP-01 BOOST Ti 316 SUPERFLOW 「#ツール・ド・フランス &#ジーロ・ディターリア」限定サドルSサイズ

ジロ・デ・イタリア(Giro d'Italia)は、毎年5月にイタリア全土を舞台にして行われるプロ自転車ロードレース。
1909年から開催されている。
主催はイタリアのスポーツ紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』等を発行するメディアグループ・RCSの関連会社であるRCSスポルト社。

Giro d'Italia のイタリア語での発音は「ジーロ・ディターリア」である。 「ジロ・デ・イタリア」という表記は日本独特なものだが、最近は日本でもイタリア語が知られるようになったため、イタリア語の発音を基にした「ジーロ・ディターリア」や、「ジロ・ディ・イタリア」という表記も見られるようになってきた。
通称は「ジロ」。

概要
毎年5月に約3週間かけて行われるステージレースで、コースは毎年新たに設定される。
「イタリアを一周する」という表現がされることもあるが各ステージは地理的には連続していないことも多く、サルデーニャ島やシチリア島など島でのステージもある。
ステージ数は通常21。
平坦ステージ、山岳ステージ、タイムトライアルステージ(個人、チーム)と多彩なステージ設定がされている。

総合成績1位の選手にはピンク色のジャージ「マリア・ローザ」が与えられるほかスプリント賞、山岳賞、新人賞といった各賞の対象者も特別なジャージを着用する。

賞金総額は年によって上下するが、プロ選手にしては安すぎる。
ステージ優勝するような選手の年棒でさえ、日本の部長クラスの1,000万円強位、ステージ優勝した日本人は未だにいない。
選手は名誉の為、エースを勝たせるために走る。
All for one の精神で走る。
エースは優勝賞金をサポートしてくれた選手に分けてねぎらう素晴らしいスポーツである。

5月はドロミーティを始めとしたアルプス山脈及びアペニン山脈にはまだ雪の残っている場所もあり、選手は坂だけでなく厳しい寒さや悪天候とも戦うことになる。
そのためイタリア人からは「ツール・ド・フランスが世界最大のレースなら、ジロ・デ・イタリアは世界最高のレース」と評される。
イタリア人選手の多くがこのレースをシーズン中の最大目標としており、歴代優勝者に占めるイタリア人の割合も圧倒的に多い。
イタリア以外の選手が初めて優勝したのが1950年で、2017年現在31回しかない。
近年は1997年以降、2007年までの総合優勝者はすべてイタリア人で、国際化が著しく優勝者の国籍も多様になる傾向があるロードレースの世界において、これは非常に珍しいケースである。
イタリア人のロードレーサーは世界選手権よりも「ジーロ・ディターリア」に賭けている。

マリア・ローザ(個人総合時間賞)
Jersey pink.
ピンク色のジャージ「マリア・ローザ (Maglia Rosa)」は総合成績1位の選手に与えられる。
各ステージの所要時間を加算し、合計所要時間が最も少ない選手が「マリア・ローザ」着用の権利を得る。
最終ステージの終了時点で「マリア・ローザ」着用の権利をもっている選手がジロの総合優勝者となる。
色の由来はレース主催者のガゼッタ・デッロ・スポルトの紙面がピンクであるため。

Selle Italia SP-01 Boost Ti 316 SUPERFLOW 「#ジーロ・ディターリア」限定サドルSサイズサドル
SP-01の特徴は丸みのある先端とコンパクトな形。
俊敏で軽量、そして驚くほどスポーティなこのサドルは、「ショートフィット」シェイプで特別にデザインされました。
この特殊な形状には、サスペンションリンク動作といった大きな技術向上によるもの。
これはSP-01にはすでに採用されている特別なテクノロジーで、互いに独立した2つのリアセクションで構成されています。
サドルがもたらす非常に高い快適性は、2つのセクションの動きによるもの。
臀部の動きに合わせ、さらに自由なペダリングと側方湾曲、衝撃吸収が実現されます。
SP-01 BOOST SUPERFLOW SP-01 BOOST TM SUPERFLOW
idmatch S3
2020~2022年のツールドフランスに優勝するまで、ポガチャルが愛用していたサドルです。
サイズ(S) 130×250mm
重量(S) 188g
レール素材 Ti316(7mm)
トップ素材 Fibra-Tek
カラー ジロ・デ・イタリア&ツール・ド・フランス
税込価格 各28,600円

お尻が痛くならないのでロングライドが楽チンです。

出品者への質問

この商品について質問する
出品者 Fitte
59歳のロードレーサー
日刊スポーツ主催の2009&2010年ツール・ド・ジャパン総合王者です。
が、
今はただのオッサンです。
初心者からオリンピック選手までお手伝いさていただきます。

¥ 28,600送料込み

在庫数 2点
新品・未使用

平均評価

★★★★★
★★★★★(4.9)

配送について

発送方法 レターパックプラス
発送までの目安 3日
ギフト対応 対応不可
配送エリア・備考等 日本全国、郵便屋さんの配送できる所なら何処へでもお届け致します。
お届け時に外装に何か問題がございましたら、商品到着後3日以内にご連絡をお願い致します。

2020~2022年のツールドフランスに優勝するまで、ポガチャルが愛用していたサドルです。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
7月下旬(23日間)
開催地域 フランスの旗 フランス及び周辺諸国
英語名 Tour de France
地域名 Le Tour de France (フランス語)
愛称 ツール(ル・トゥール)
分野 ロードレース
カテゴリー UCIワールドツアー / グランツール
形態 ステージレース
主催者 アモリ・スポル・オルガニザシオン (ASO)
責任者 クリスティアン・プリュドム(英語版、フランス語版)
歴史
初回開催年 1903年
開催回数 109回(2022年)
初代優勝者 フランスの旗 モリス・ガラン
最多優勝者 ジャック・アンクティル エディ・メルクス ベルナール・イノー ミゲル・インドゥライン(5回)
直近優勝者 デンマークの旗 ヨナス・ヴィンゲゴー(2022年)

名称はフランス語で「フランス一周」を意味する[1]。フランス語による同様の名称のレースには、スイスで行われるツール・ド・スイスなどがある。単にル・ツール(Le Tour:ル・トゥール)と称されることもある。FIFAワールドカップ、オリンピックと並び、世界三大スポーツイベントの1つと称されることもある[2]。

総合成績1位の選手には黄色のジャージ「マイヨ・ジョーヌ」が与えられるほかスプリント賞、山岳賞、新人賞といった各賞の対象者も特別なジャージを着用する。

各賞とリーダージャージについて

総合1位の選手が着用するマイヨ・ジョーヌ
数種の賞が設定されており、各賞に応じた色別のジャージ(リーダージャージ)、または特別なゼッケンがある。前日のステージ終了時点で各賞の成績第1位の選手およびチームは、翌ステージでそのジャージまたはゼッケンを着用しなければならない。2012年以降、リーダージャージはルコックによる提供。なお表彰式で着用するリーダージャージは背中にファスナーのある表彰式専用のもので、翌ステージで着用するジャージは改めて対象選手(「繰り下げルール」適用の場合は繰り下げの着用対象選手)に渡される。

マイヨ・ジョーヌ(個人総合時間賞)
Jersey yellow.svg
黄色のジャージ「マイヨ・ジョーヌ (maillot jaune)」は個人総合成績1位の選手に与えられる。各ステージの所要時間を加算し、合計所要時間が最も少なかった選手が「マイヨ・ジョーヌ」着用の権利を得る。最終ステージの終了時点で「マイヨ・ジョーヌ」着用の権利をもっている選手がツールの総合優勝者となる。

詳細は「マイヨ・ジョーヌ」を参照
マイヨ・ヴェール(ポイント賞)
Jersey green.svg
緑色のジャージ「マイヨ・ヴェール (maillot vert)」は「ポイント賞」に対して与えられる。各ステージのゴール、およびステージ途中の中間スプリント地点の通過順位に応じてスプリントポイントが加算され、スプリントポイント1位の選手が「マイヨ・ヴェール」着用の権利を得る。

詳細は「マイヨ・ヴェール」を参照
マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ(山岳賞)
Jersey polkadot.svg
白地に赤い水玉ジャージ「マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ (maillot blanc à pois rouges)」は「山岳賞」に対して与えられる。山岳ポイント地点の通過順位に応じて山岳ポイントが加算され、山岳ポイント1位の選手が「マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ」着用の権利を得る。1975年に初登場。略して「マイヨ・ア・ポワ」あるいは「マイヨ・グランペール」とも呼ばれる。

詳細は「マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ」を参照
マイヨ・ブラン(新人賞)
Jersey white.svg
白色のジャージ「マイヨ・ブラン (maillot blanc)」は開催年に25歳以下の誕生日を迎える選手の中で総合成績が最も上位の選手に与えられる(大会期間中に25歳であっても開催年中に26歳になる選手は対象外)。「新人賞」と訳されることが多いが、該当の年齢であれば複数回受賞できるため正確には「最優秀若手選手賞」と呼ぶのがふさわしい[8]。色の由来は不明。

詳細は「マイヨ・ブラン」を参照
ドサール・ルージュ(敢闘賞)
Jersey red number.svg
タイムトライアルと最終ステージを除く各ステージで特に果敢に動いたと認められた選手には「敢闘賞」として、通常白地に黒文字のゼッケンの代わりに赤地に白抜き数字のゼッケンが与えられる(ただし2004年はスポンサーの関係から青地に白数字のものが使われていた)。「敢闘賞」は他の賞と異なり審査員の主観によって選ばれる賞で、各ステージ終了直前に受賞選手1人が主催者から発表され、表彰が行われる。審査員の中には逃げ屋でおなじみとなっていたジャッキー・デュランも含まれていることもあり、逃げ集団が吸収された際は最後まで逃げていた選手、逃げ集団が逃げ切りでゴールした際は2位の選手、単独逃げ切りに成功した場合はその選手が敢闘賞となる確率が高い。2009年の最終ステージ(シャンゼリゼ通り)では、別府史之が日本人初の敢闘賞を獲得した[9]。2010年以降、最終ステージについてはステージ敢闘賞の対象外となっている。また最終日には大会全体で最も果敢な走りをしたと認められた選手1人に「スーパー敢闘賞」(「総合敢闘賞」とも)が贈られる。

ドサール・ジョーヌ(チーム総合時間賞)
Jersey yellow number.svg
各ステージの終了後、チームごとに先頭から3人の所要時間の合計が加算され(各チームの総合時間成績の上位3人ではないことに注意)、最も少ない時間のチームが表彰される。リタイアなどによりチームが3人未満になったチームは順位から除外となる。2006年からは黄色地に黒文字のゼッケンがチーム総合首位の選手全員に与えられている。チーム総合1位のチームに敢闘賞ゼッケン対象者がいる場合は、敢闘賞ゼッケンを優先する。

そのほかの賞
その年の最大標高の山岳をトップで通過した選手にアンリ・デグランジュ記念賞が与えられる。特にジャージやゼッケンなどは設定されていないが、数千ユーロの賞金が授与される。ジロ・デ・イタリアにおけるチマ・コッピと同じもの。

最近の優勝者
第107回 2020年8月29日~9月20日 タデイ・ポガチャル (UAE チーム・エミレーツ) 21 3,484.2km 39.89 km/h
第108回 2021年6月26日~7月18日 タデイ・ポガチャル スロベニア (UAE チーム・エミレーツ) 21 3,414.4km 41.17 km/h
第109回 2022年7月1日~7月24日 ヨナス・ヴィンゲゴー デンマーク(チーム・ユンボ・ヴィスマ) 21 3,328km 41.83 km/h

5勝クラブ
ジャック・アンクティル(フランス)
優勝年……1957年、1961年、1962年、1963年、1964年

エディ・メルクス(ベルギー)
優勝年……1969年、1970年、1971年、1972年、1974年

ベルナール・イノー(フランス)
優勝年……1978年、1979年、1981年、1982年、1985年

ミゲル・インドゥライン(スペイン)
優勝年……1991年、1992年、1993年、1994年、1995年

区間優勝回数
通算
順位 名前 国籍 優勝回数
1 エディ・メルクス ベルギー 34
1 マーク・カヴェンディッシュ イギリス 34
3 ベルナール・イノー フランス 28
4 アンドレ・ルデュック フランス 25
5 アンドレ・ダリガード フランス 22
なお、ランス・アームストロングは22勝で5位となるが、ドーピングにより剥奪されている。

一大会
シャルル・ペリシエ (1930年)
エディ・メルクス (1970年、1974年)
フレディ・マルテンス (1976年)
以上8勝

日本人選手
近代ツール以前
川室競 第20回(1926年)、第21回(1927年)
大正15年と翌昭和2年の2大会に出場。いずれも第1ステージでリタイアに終わっている。
近代ツール以降
今中大介 第83回(1996年)
日本人として近代ツール初出場。第14ステージでタイムオーバーによりリタイア扱い。
新城幸也 第96回(2009年)、第97回(2010年)、第99回(2012年)、第100回(2013年)、第101回(2014年)、第103回(2016年)、第104回(2017年)
2009年は第2ステージ5位、129位完走。2010年は第11ステージ6位、112位完走。2012年は第4ステージ敢闘賞、84位完走[42]。2013年は99位完走。2014年は65位完走[43]。2016年は第6ステージ敢闘賞[44]、116位完走[45]。2017年は109位完走[13]。
別府史之 第96回(2009年)
第3ステージ8位、第19ステージ7位、第21ステージ敢闘賞、112位完走。

お支払い方法

下記のクレジットカードがご利用いただけます。

最新の感想・コメント (もっと見る 14件 )