CSSテスト中

マルシェル by goo - Marchel

公式インスタグラムで商品紹介中

#ASPIDE Open-Fit Superleggera #TIMEバージョン

#selle san marco
1935年創業。
常にライダー達の要望をくみ上げ、最新の研究成果を取り入れてサドルを進化させています。
その
#ASPIDE Open-Fit Superleggera Narrow ヒルクライム特別バージョンです!

中古品ですが貴重な逸品です。
写真は傷をメインに写しております。
****************************************************************
SELLE SAN MARCOのはじまり

最新の研究成果を取り入れてサドルを進化させる

1. 自転車部品の行商
セラ・サンマルコ社がサドル・メーカーとして生まれたのは1935年、ルイジ・ジラルディが28歳の時だった。
それまで、イタリア北東部、ベネチアから40キロほどの距離にあるロッサーノ・ベネトに暮らす彼は、さまざまな自転車部品を自転車に積んでは、200キロ近く離れたミラノまで行商に出かけていた。
朝3時頃に家を出て昼前に着き、数時間商売をしてから、宿代を節約するために同じ距離を自転車で帰宅した。
そのつらい仕事を続けることができたのは自転車に対する情熱があったからに違いないが、それにしてもその距離を自転車で行商するのはなんと言っても尻がつらかった。

2. ルイジの工夫
当時、自転車サドルは専門メーカーがなく、自転車メーカーが鉄のベースに革を載せたサドルを作っていた。
なんとか快適な自転車にするために、ルイジは固い革サドルにカバーを付けた。
当時、第二次世界大戦が迫る中、軍のお下がりの外套が安く放出されていたのだ。
それを仕入れてサドル・カバーにした。
彼の行商は快適なものになった。

3. 行商人からメーカーへ
その改良サドルが評判を呼ぶと、彼は軍の放出品である外套や毛布を使ったサドル・カバーを売り始めた。
そうなるとサドル自体を自分で作ろうと考えた。
鉄のレールとシェルを作り、快適なカバーを付けた。
需要が劇的に増え、500人の従業員を抱える会社に成長した。

4. 絶えざる工夫
当時は、ジロ・デ・イタリアやツール・ド・フランスなどのトップ・レースでも、一般自転車とさして変わらない平らなサドルを使っていた。
より快適なサドルを、という彼の方針はレースの世界にもおよび、1974年には人間の身体の形状・動きに沿ったエルゴノミック的考え方に基づくスポーツ車専用モデルを開発した。
台座と表面のレザーの間にパッドを入れる、という工夫もこらした。
それが1978年にコンコール・スーパー・コルサという市販モデルとして結実した。
セラ・サンマルコを元に、ロッサーノ・ベネト地区にはいくつかのサドル・メーカーが生まれ、世界の自転車サドル界を牽引するようになった。
その後、コンコールやリーガル、ロールス等の伝説的モデルを開発し、近年は医学的な研究成果を取り入れている。
常にライダーたちの要望をくみ上げてサドルを進化させて行く姿勢は3代目経営者になっても変わらない。
変わったのは、おそらく、高級サドルとは革をたっぷり使った重いサドルを意味する時期が続いたが、現代ではそれが正反対になったことくらいだろう。⇒これが今回、ご紹介させて頂く*SSM アスピデ スーパーレジェラ(超軽い) ナロー ブラック #TIMEヒルクライムバージョンです。
なんと、重さ90.2gです。
通常価格¥58,300⇒中古品につき¥38,415での販売となります。(TIMEバージョンは1点ものです。)
左右に小キズがあります。
サドルレールクランプ部分にクランプした痕がございます。
が、
全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)のE-1レースで優勝できる位に使用に耐えます!(その時に使っていました)
販売価格はTeam FITTE の渡辺耶斗選手にウェアサポート代として使わせていただきます。
渡辺耶斗選手も、応援のほど宜しくお願い致します。m(_ _)m

商品ストーリー


#selle san marco1935年創業。
常にライダー達の要望をくみ上げ、最新の研究成果を取り入れてサドルを進化させています。
その
#ASPIDE Open-Fit Superleggera Narrow#TIMEヒルクライムバージョン!です。



中古品ですが貴重な逸品です。
写真は傷をメインに写しております。↓


シートクランプの跡****************************************************************
SELLE SAN MARCOのはじまり

最新の研究成果を取り入れてサドルを進化させる

1. 自転車部品の行商
セラ・サンマルコ社がサドル・メーカーとして生まれたのは1935年、ルイジ・ジラルディが28歳の時だった。
それまで、イタリア北東部、ベネチアから40キロほどの距離にあるロッサーノ・ベネトに暮らす彼は、さまざまな自転車部品を自転車に積んでは、200キロ近く離れたミラノまで行商に出かけていた。
朝3時頃に家を出て昼前に着き、数時間商売をしてから、宿代を節約するために同じ距離を自転車で帰宅した。
そのつらい仕事を続けることができたのは自転車に対する情熱があったからに違いないが、それにしてもその距離を自転車で行商するのはなんと言っても尻がつらかった。

2. ルイジの工夫
当時、自転車サドルは専門メーカーがなく、自転車メーカーが鉄のベースに革を載せたサドルを作っていた。
なんとか快適な自転車にするために、ルイジは固い革サドルにカバーを付けた。
当時、第二次世界大戦が迫る中、軍のお下がりの外套が安く放出されていたのだ。
それを仕入れてサドル・カバーにした。
彼の行商は快適なものになった。

3. 行商人からメーカーへ
その改良サドルが評判を呼ぶと、彼は軍の放出品である外套や毛布を使ったサドル・カバーを売り始めた。
そうなるとサドル自体を自分で作ろうと考えた。
鉄のレールとシェルを作り、快適なカバーを付けた。
需要が劇的に増え、500人の従業員を抱える会社に成長した。

4. 絶えざる工夫
飛行機のコンコルドを模していると思われる広告当時は、ジロ・デ・イタリアやツール・ド・フランスなどのトップ・レースでも、一般自転車とさして変わらない平らなサドルを使っていた。
より快適なサドルを、という彼の方針はレースの世界にもおよび、1974年には人間の身体の形状・動きに沿ったエルゴノミック的考え方に基づくスポーツ車専用モデルを開発した。
台座と表面のレザーの間にパッドを入れる、という工夫もこらした。
それが1978年にコンコール・スーパー・コルサという市販モデルとして結実した。
セラ・サンマルコを元に、ロッサーノ・ベネト地区にはいくつかのサドル・メーカーが生まれ、世界の自転車サドル界を牽引するようになった。
その後、コンコールやリーガル、ロールス等の伝説的モデルを開発し、


近年は医学的な研究成果を取り入れている。
常にライダーたちの要望をくみ上げてサドルを進化させて行く姿勢は3代目経営者になっても変わらない。
変わったのは、おそらく、高級サドルとは革をたっぷり使った重いサドルを意味する時期が続いたが、現代ではそれが正反対になったことくらいだろう。↓これが今回、ご紹介させて頂く*SSM アスピデ スーパーレジェラ(超軽い) ナロー ブラック #TIMEヒルクライムバージョンです。
なんと、重さ90.2gです。
通常価格¥58,300⇒中古品につき¥38,415での販売となります。(TIMEバージョンは1点ものです。)
左右に小キズがあります。
サドルレールクランプ部分にクランプした痕がございます。
が、
全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)のE-1レースで優勝できる位に使用に耐えます!(その時に使っていました)
販売価格は全額、渡辺耶斗選手のウェアサポート代として使わせていただきます。
渡辺耶斗選手も、応援のほど宜しくお願い致します。m(_ _)mこんな風になれます様に!↓
1980年代:多くのプロチームやアマチュアがコンコールを選んだ ↓
リーガルeを使用して、グリーンジャージを獲得したアレッサンドロ・ペタッキ↓
フィリッポ・ポッツァート #ASPIDE Open-Fit Superleggera #TIMEヒルクライム特別バージョン中古品↑よろしかったらランキング共々、クリックして応援の程お願い致します。m(_ _)m↓

出品者への質問

この商品について質問する
出品者 Fitte
59歳のロードレーサー
日刊スポーツ主催の2009&2010年ツール・ド・ジャパン総合王者です。
が、
今はただのオッサンです。
初心者からオリンピック選手までお手伝いさていただきます。

¥ 38,415送料込み

在庫数 1点
中古品

平均評価

★★★★★
★★★★★(4.9)

配送について

発送方法 レターパックプラス
発送までの目安 2日
配送エリア・備考等 郵便が届くところならば日本全国どこへでも配送致します。

中古品ですので写真をよくご覧になってお買い求め下さいませ。
商品に問題はありませんので、ノークレーム、ノーリターン、ノーキャンセルでお願い致します。
将来有望な、渡辺耶斗選手への寄付金だと思って下さいませ。

お支払い方法

下記のクレジットカードがご利用いただけます。

最新の感想・コメント (もっと見る 11件 )