CSSテスト中

マルシェル by goo - Marchel

公式インスタグラムで商品紹介中

Castle of raising a SOUN (早雲旗揚げ)

「早雲旗揚げの城」と呼ばれる興国寺城(沼津市)の縄張を、中央部に騎乗の早雲、幟を持つ足軽、下部の地図によって大枠で表現しています。
周囲の幟と棹立ちする馬で「旗揚げ」を表現しました。
下部の地図は、早雲が興国寺城から伊豆・相模へと進出した際に合戦となった城を示しています。

関連地域:沼津市・伊豆の国市・小田原市・鎌倉市・三浦市・横浜市

ネイビーが基本色です。
Sサイズ(ネイビー)
Sサイズ(ミディアムブルー)
Sサイズ(ピンク)

Mサイズ(ネイビー)
Lサイズ(ネイビー)

Lサイズ(チョコレート)

XLサイズ(ジャパンブルー)
XLサイズ(ネイビー)

歴史物語の背景
戦国時代の関東に覇を唱えた小田原北条氏の祖・早雲は、元は室町幕府将軍への陳情などを取次ぐ申次衆を務めていた伊勢氏の一族であり、伊勢盛時と名乗っていた。

今川氏に嫁いだ妹(姉とも)・北川殿から家督争いの仲介を頼まれ駿河に向かう。北川殿の夫である今川義忠が戦死し、嫡男であり盛時の甥である龍王丸は幼かった。家臣の中には一族の小鹿範満を推す者や、その動きに関東の扇谷上杉氏が介入するなど、龍王丸と北川殿の身が危ぶまれた。そこで盛時は、龍王丸が成人するまで家督を代行し、龍王丸の成人を以って家督を嫡流に戻す、という案で治めた。

数年後、龍王丸が成長しても小鹿範満は家督を譲ろうとしなかった。再び北川殿からこの事態の収拾を求められた盛時は、小鹿範満を討ち果たし、龍王丸に家督継承を行った。
龍王丸は元服して今川氏親となり、盛時に興国寺城を与えた。盛時はその後、伊豆・相模へと支配地を拡げ、関東の新たな勢力として台頭、関東に覇を唱えた北条氏の祖となっていくのである。

出品者への質問

この商品について質問する
出品者 軽野造船所
軽野造船所は地域の歴史・民俗・文化などを具現化するプロジェクト名です。
地域の歴史・民俗・文化などを紹介する講座、商品開発、旅の企画提案・案内などを行っています。

¥ 3,500送料込み

在庫数 6点
新品・未使用

平均評価

★★★★★
★★★★★

配送について

発送方法 レターパックプラス
発送までの目安 2日
ギフト対応 対応不可
配送エリア・備考等

お支払い方法

下記のクレジットカードがご利用いただけます。