CSSテスト中

マルシェル by goo - Marchel

公式インスタグラムで商品紹介中

囲碁ガチ勢が囲碁の知識だけで計算機を作ってみた

囲碁が計算機になった!

・・・何を言ってるのかわからない?この本を読めばわかります。
囲碁の仕組みだけを用いて、囲碁のゲームの中に計算機を作ってしまった記録です。
足し算・引き算・掛け算をすることができる盤面図と、その解説をまとめました。

きっかけは、「スーパーマリオメーカー」というテレビゲーム。
マリオのステージを使って、いろいろな計算機を作る人たちがいて、感動しました。
囲碁でもできるかな。と思って頑張った結果、できました。

「マニアブログフェスタ」参加中の囲碁アーティスト、関が発明。
囲碁界初の試みです。ぜひお手に取っていただけたら嬉しいです。

A5判 24頁

商品ストーリー

囲碁アートの関です!
 
暑すぎますね。ビール飲むのも忘れるくらいです。
 
(前編はこちら) (一か所、数字を間違えていましたorz)
 
囲碁計算機で、大きな数を足し算してみます!
二つの碁盤を使い分けて、普通の足し算&繰り上がりがある場合の足し算を、ひとけたずつ積み上げていくような感じです。

さて、今回計算するのは
123456789+987654321
(なぜこの数かというとキーボードで打ちやすいからです)
 
それぞれ二進法に直すと
000111010110111100110100010101
111010110111100110100010110001
となりました。27桁と30桁です。27のほうの頭に仮に000を入れて、30桁として扱います。
 
これを、右端の1桁目同士→2桁目同士→3桁目同士・・・という具合に、足し算を重ねていきます。
囲碁をするだけでこんなに大きな数を計算できるなんて、素晴らしい世の中になったものですね!!!
 
まず、最初の「1+1」。シンプルな足し算の「半加算器」を用います。

0は白石、1は黒石。AとBにそれぞれ黒石を置き(1+1)、囲碁の最善手を打っていきます。
黒1の石が取られ、右下では黒3で白石が取られました。
●〇という出力となりました。これで記念すべき最初の1桁目は「〇」、つまり「0」です。
そして繰り上がりの●が出ました。ということで、次の桁の「0+0」は・・・
 

繰り上がり計算機で行います。CDにそれぞれ白石(0+0)を入れて、同じく最善手を打ちます。
黒1で白石〇 黒3の石が取られて黒石● 〇●で01という出力になりました。
2桁目は「●」、繰り上がりは無しです。ということで次の桁の「1+0」は・・・
 

最初の半加算器で。1桁目とは異なり、黒1により白石を取ることになります。
〇●と出力され、3桁目は● 繰り上がりは無し(〇)
 
。。。。
 
さて、このまま行くと壮絶な分量になってしまいそうです。
私はただ楽しく囲碁をやっているだけなので、いくらでもいけちゃいますが・・・
 
最後までやってみたところ
●〇〇〇〇●〇〇〇●●●〇●〇〇〇●●〇●〇●●●〇〇〇●●〇
数字にして
1000010001110100011010111000110
さらに、十進法にして
1111111110
 
となりました!
こうして、
123456789+987654321=1111111110
が証明されたのであった・・・!
 
 
 
 
「なんのために作ったの?」ってよく聞かれるのですが
逆だと思うんです。
「おれが囲碁計算機のために存在するんだ」と思っています。
これは手段ではなく、自分の目的の一つ。このために囲碁をやってきたんです、きっと。
 
今現在、囲碁計算機の発展はここまで。
引き算や掛け算などは、さらにもうひとヒネリふたヒネリ必要みたいで、新たな発想を探しているのですが・・・
その過程で、意外な副産物ができてしまったので、それを今度はご紹介できたらと思っています。
お楽しみに!!
 

出品者への質問

この商品について質問する
囲碁アートマニアの関です。
囲碁で引き分けになるアートや、囲碁の仕組みを用いた計算機を開発。囲碁をあらぬ方向に進化させようとしています。ククク。
アマチュア六段、インストラクターでもあります。

¥ 450送料込み

在庫数 99点
ハンドメイド・創作品

平均評価

★★★★★
★★★★★(5.0)

配送について

発送方法 クリックポスト
発送までの目安 2日
配送エリア・備考等

お支払い方法

下記のクレジットカードがご利用いただけます。