CSSテスト中

マルシェル by goo - Marchel

大阪デザイナー専門学校の学生作品出品中

【京野菜】カラフル南瓜セット【5種7キロ】

▼自己紹介
京都最北端、日本海から車で15分の京丹後市で、主に露地野菜を栽培しています。
南国フルーツ以外は何でも作れるといわれる京丹後で、地域で主に作られている品目を作りながら、色や形、味にこだわりがある品種を取り入れています。

▼商品概要
5種類のカラフル南瓜:えびす、くり将軍、ロロン、べにくり、バターナッツ、坊ちゃん、プッチィーニ、コリンキーなどから選んでセットにしてお届けします。

▼品種・味の特徴・食べ方
えびす:畑で完熟、さらに熟成したねっとり系南瓜。炊いて食べるだけでなく、てんぷらやコロッケなど南瓜料理なら何でも使える万能南瓜です。
くり将軍:表面が美しいほくほく系で甘い黒皮南瓜です。こちらも炊いて良し、揚げて良しの万能南瓜です
ロロン:ラグビーボール型の南瓜です。形のせいで切りにくいのが玉に瑕ですが、農家の間ではほくほく系で一番美味しいと評判の南瓜です。
べにくり:オレンジの皮が美しく目を引く南瓜。日本南瓜のねっとりした甘さと西洋南瓜のほくほく感を併せ持ち、独特の風味と甘味があります。
バターナッツ:食物繊維が少なくブレンダ―やフードプロセッサーでなめらかになるねっとり系。スープやプリンなどにお勧め。てんぷらや揚げ焼など油との相性もとても良いです。
坊ちゃん:手のひらサイズのほくほく系南瓜。丸ごとレンチンしてワタと種をとって肉詰めやグラタンなど小ささを活かしたレシピがお勧め。
プッチィーニ:黄色にオレンジの縦じまがおしゃれな手のひらサイズの南瓜です。こちらも丸ごとレンチンして見た目の美しさを生かしたレシピがおすすめです。
コリンキー:生で食べるサラダ南瓜。浅漬けや糠漬けもコリコリした新食感に箸が止まらなくなります。

▼数量、分量の目安
彩り南瓜5個 合計約7kg

▼栽培/生産方法、こだわり
幼果を食べるコリンキー以外は、しっかり畑で完熟させてから収穫しています。

▼注文に際しての注意点(配送方法や納期指定など)
常温で発送します。南瓜は10℃を下回ると腐り始めますので冷蔵庫には入れないでください。
南瓜の追熟が終わった8月上旬から順次発送を予定しています。

商品ストーリー

先日直売所でお客様に南瓜を選んでほしいとお願いされました。
本当は去年うちが出していた南瓜が食べたいんだけど・・・との嬉しいお言葉でしたが、うちの南瓜は8月上旬まで仕上がりません。
自分が採ったものならなんとか選べますけど、他の人が採った南瓜を選ぶのは・・・実はかなり難しいんです!
そんな中、なんとか精一杯美味しそうなのを選んでおきました。
そこで、今日は美味しい南瓜の選び方について書いてみようと思います。
京丹後の栽培ごよみにはえびす南瓜の収穫は開花してから50日前後とあります。
6月上旬の平均気温が20度を切るころに開花して50日後に丁度積算温度が1,000度ほどになるので、完熟果を採ってくださいね、ということです。開花が遅ければ平均気温が高くなるのでそれだけ早く完熟します。大佳農産は開花が6月中旬なので、収穫は7月25日ごろということになります。
普通はもう少し前の可食期に入ってから収穫してくださいとあります。
完熟してから収穫するのが京丹後クオリティ(*'▽')
消費地から遠い場所にあるので、葉物などは弱い、だから保存できる食材をできるだけ美味しく仕上げようという意味なのでしょうね。
ただし、完熟期に入ってから収穫するというのは栽培期間が長いということで、結構なリスクです。
病気で弱る可能性が高くなりますし、それ以上おいておくと今度は日焼けして腐りやすくなり商品価値ががくっと下がる、というよりもう出荷できなくなってしまいます。
全部一度に花が咲くわけでもないので、いつ採るかの見極めはとても重要です。
研修で社南瓜を収穫する目安はエボがコルク化したらと教えられました。
エボというのは、ヘタのことです。
南瓜のエボを見たことがない方のために写真を載せておきます。

緑だったエボに筋が入ってコルク化が始まっています。これだとあと数日から1週間ほど待った方がいいかもという感じです。
これぐらいで採ってしまうと、味の薄いべちゃっとした南瓜になってしまいます。
下の写真は坊ちゃんでえびすより数日早く熟す品種ですが、ぐるっと全体にコルク化していれば収穫どきです。

これを3段ほどに積み上げて、1週間から10日ほど風をあてて乾かすとでんぷんが糖に変わって甘味が増します。これを追熟といいます。
直売所などでエボが緑色の南瓜を見かけたら、すぐに食べないでエボが乾くまで待ってくださいね!
追熟が終わったら今度は乾いたタオルなどで吹き上げてようやく出荷できるようになります。
写真は去年の追熟中のくり将軍です。
つやつやほくほくで人気の高い品種です♪

ただし、実際に店頭に並ぶときには収穫してから時間が経っているので、どのタイミングで採ったものでも皆コルク化してしまっています。ですから収穫したときにどれくらいコルク化していたのかを見分けるのは至難の業なのです。
写真は追熟が終わったえびすです。ちょっと日焼けしているぐらい畑で完熟してますね。

エボの周りと中心で質感が違うのがわかりますか?
完熟して採った南瓜のエボは、周囲がコルク化していて真ん中は生の状態で切りますので、乾いた後も外側は少しふわふわしていて、真ん中は固い状態です。
もっと乾かすと全部カチカチになってしまいますが、形はこのままです。
収穫したときにどこまで熟していたか、見分けるのはなかなか難しいのですが、完熟してから収穫した南瓜のエボの形を覚えておいてくださいね!
美味しいカット南瓜の見分け方は・・・またの機会に!

出品者への質問

この商品について質問する
出品者 haruka2018
東京から京丹後市に移住して新規就農しました。
色や機能、味に特徴がある野菜を主に露地で栽培しています。
就農3年目に自慢の冬野菜セットを販売開始、現在憧れの野菜セット周年販売目指して試行錯誤中!

¥ 4,300送料込み

在庫数 10点
食品・飲料

平均評価

★★★★★
★★★★★

配送について

配送方法 宅急便/宅配便
発送までの目安 7日
配送エリア・備考等 本州、四国に限ります。
ダンボール箱に詰めて常温で発送します。

お支払い方法

下記のクレジットカードがご利用いただけます。

¥ 4,300 カートに入れる
残り10点です