CSSテスト中

マルシェル by goo - Marchel

公式インスタグラムで商品紹介中

CLB ギドネットブレーキレバー

NOマーク・NOブランドのギドネットブレーキレバーですが、CLBの1970年代のものと判断しました。CLBの初期のギドネットレバーのクランプバンドは、分厚くて重量感がありますが、70年代になるとMAFACや他のものと同様に鉄薄板に溝を付けてバンドに加工したものになりました。MAFACのギドネットブレーキレバーもCLBと外観上は見分けの付かない、ほとんど同じ形状です。どちらが先かは不明ですが、MAFACのものはレバー支持点をマイナスネジで固定してありますが、CLBはカシメになっております。MAFACの刻印もブレーキインナー引っ掛け箇所の側にあり、ハッキリとわかります。CLBの方は、どこ製のものか分からないように何もありません。見方を変えれば、後発で同じものを作ったMAFACが判別の付くように刻印とネジ留めを入れたとする考えがあるかもしれません。
1975年のCLBカタログに、メイン写真のものと同じように見える製品が紹介されています。出品のものは50年を経過したと思われる中古品ですが、コンパウンド研磨と真鍮金ブラシによる汚れ除去により、かつての輝きの一部を取り戻しております。細部の取り切れない汚れ、サビも残っておりますが、外観よりの目視でヒビ・割れ等も無く、カシメ部分の遊びは少し緩めにあるものの、実用に耐えうるものと判断致しました。製品は、手作り感のある緻密とは言えない出来上がりですが、人間的な暖かみを感じるものです。CLBとAは判断しましたが、誤認があればご容赦ください。メイン写真のものが全てになります。細部につきましては、サブ写真を参考に願います。

商品ストーリー


 
「CLB(=Angenieux CLB S.A)は、第二次世界大戦後のフランスのブレーキメーカーとして、MAFACに次ぐ第2位でした。その拠点は多くのフランスの自転車部品メーカーと同様にサンテティエンヌにあり、その郊外のサンシャモンでした。
1931年、創業者のCharles Lauzier Bourgoinによりキャリパーブレーキ専業メーカーとして起業され、社名は創業者のイニシャルを取りました。1940年~1950年代、文字の組合せによるキャッチコピーを作りましたが、「Ce Le Bre(人気)とCha Leger Bloque(ライトブロックショール)」は、良く分かりません。第二次世界大戦前より合金ブレーキは各企業で作られていましたが、強化された合金とフーデッドレバーの開発により成功したのはLAMでした。LAMの革新的な技術を受け継いだCLBは、2種類の深さをカバーするサイドプルブレーキ、ALPコンペティッションとチョット変わった名称のハイライフを提供しました。アームの太さと屈曲を減らした高品質の合金製品は、ケーブルアジャスターと真鍮製ボルトを備えたユニークなクイックリリースを持つもので、フランスのサイクリスト・レーサー等に人気がありました。ただ、戦後の荒廃した悪路を繰り返し走行することで、貫通ボルトの変形の可能性がありました。
1951年、MAFACセンタープルブレーキが発表されたことで、CLBのシェアーは急激に低下し、1960年~70年代、ロン キッチンにより輸入されていた英国内でもそれは顕著でした。英国では、CLBに代わりワインマンが伸長していました。1970年代CLBは、軽合金の軽量化に専念、チタンを使用することもあり、70年代半ばには米国市場への参入にもある程度成功しました。安全性を無視した軽量化もなされ、1984年、その3年前にユーレーとマイヨールを買収したSachsへ譲渡されました。当時CLBは、アルミフレームを製造・販売していたVitusとの合弁・協力関係にもありました。CLBの名前は数年続きましたが、Sachsは時代遅れの製造・管理、労働組合の慣行を持つフランス企業(ユーレー・マイヨール・CLB)の事業を1980年代半ばに閉鎖しました。Sachs自体は、1997年まで自転車部門にありましたが、その後SRAMに引き継がれました。」
(「ケンブリッジ ライトウエイト ニュース 26」(Steve Griffithの項参照 一部編集))
 
1970年代のカタログになります。最終ページは1970年「ロンキッチン ハンドブック」より、その前は1975年「CYCLE DE COMPETITION ET RANDONNEUSES」(ダニエル ルブール著)の中の広告のページです。朱版のものは日直商会の名前があります。DIA-COMPEカンチブレーキの形状に影響を与えたCLB、Aはカンチブレーキ ゛RACER ゛しか使用したことはありません。今回蔵出しのギドネットレバー(NOマーク NOブランド CLB?)の出品に合わせ、カタログを紐解いてみました。僅かな枚数ですが、古い欧州の一時代を築いたメーカーを偲ぶには、充分な枚数です。
 
 
※ 掲載のコピーカタログにつきましては、著作権制限対象物に当たるか否かは不明ですが、個人使用のみに限らせてもらっております。掲載物関係者の方で、御異議・苦情等があれば、ご連絡下さい。早期に削除等の対処をさせていただきます。
 
TOPにもどる
 
……………………………………………………………………
 

 

 

 

 

 

 

 

 

出品者への質問

この商品について質問する
出品者 gottsune
趣味は、自転車・ゴルフ・家庭菜園・写真・パソコンを少々。リタイア後は、ボケ防止にブログ投稿に注力。また、コロナ禍による「新しい生活様式」を模索中。

¥ 2,000送料込み

在庫数 0点
中古品

平均評価

★★★★★
★★★★★(5.0)

配送について

発送方法 宅急便/宅配便
発送までの目安 3日
配送エリア・備考等 日本国内のみの配送になります ブレーキレバーの変形・破損を恐れて宅急便の発送になります

お支払い方法

下記のクレジットカードがご利用いただけます。

最新の感想・コメント (もっと見る 9件 )