CSSテスト中

マルシェル by goo - Marchel

おすすめ特集・伝統工芸職人グループ「凛九」

MAFAC Course 121 ブレーキレバー

1960年頃のCourse 121ブレーキレバーは、経年劣化し、千切れ始めたアジャストボルト付きフルカバーの黒パッドを使用していました。握り部分はMAFAC独特の鼠色軽合金カラーですが、レバー部分はアルマイト加工のきれいな色です。保存状態がよく、著しいキズや擦れ・しつこい汚れも無く、パーツクリーナーと真鍮金ブラシで除去できるゴミ・汚れでした。取り除いた黒パッドに変わるものが装着できれば、充分に実用できる状態です。ブレーキレバー本体に係る刻印は、レバー上部の「MAFAC」と鉄製バー締め付けブラケットの「Brevete SGDG」のみです。
「Brevete S.G.D.G」は、「Sans Garantie Du Gouvernement」の略で1844年法制化、以後使用されたもので「購入者が使用することによって起こる故障やトラブルに関して法的に責任を負わない」という意味です。制度は1968年に終了しました。製造者保護の全く片手落ちなもののように見えます。SIMPLEX・MAFACによく刻印が見られました? この刻印がある製品については年代のおおよその特定が付くということです。メイン写真の本体とアジャストボルトで実測重量202g。メイン写真のものが全てになります。細部の状況はサブ写真をご参考願います。

商品ストーリー

 M210504 MAFAC クリテリウム カンチブレーキセット
 
 
Aが自転車に夢中になっていた1970年代は、すでに頂点を極めたMAFACの下り坂の始まりだったのでしょうか? 初めて見た゛MAFAC RACER ゛からは、フランスの香りがプンプンしていました。当時、オーダーのランドナー車には、ストラドルケーブルに支えられたキラキラ輝くクリテリウムのブレーキアームが定番で、スポルティーフにもアッセンブルするのがチョット粋なように見えました。センタープルブレーキ台座をブレイズドオンした丸タイヤのスポルティーフは、趣味人の極みでした。ダイアコンペやシマノも頑張っていたかもしれませんが、カンチブレーキの゛MAFAC CRITERIUM ゛が、日本のツアー車、ランドナー車を席捲していたように思います。
 
「MAFAC(Manufacturing Auvergnoise de Freins et Accessoires pour Cycles)は、自転車ブレーキとツールキットのフランスのメーカーでした。大戦後「Securite」という名前で設立され、1947年の秋にMAFACに名称変更されました。初期よりストラドルケーブルにより、個別に両側のブレイズドオン台座のブレーキアームを作動させるカンチレバーブレーキを製造、その後、センタープルブレーキを併せて製造しています。MAFACのゴム製ブレーキレバーパットにはアジャスターが内蔵され、走行中にブレーキ調整が可能でした。センタープルブレーキの中には、フェンダーや大型タイヤをクリアできるように設計されたものもあり、1950年代後半から1970年代にかけ最も人気のあるメーカーの一つになりました。頑丈で安価であったため、あらゆる階層のバイクに使用されました。1980年代後半、ブランドの独占性の欠如、経済的圧力や日本との競争により消滅しました。」
(「ウィキペディア」参照)
 
MAFACは、1952年デュポンにより開発されたホームアルデヒドを原料とし合成されたポリアセタール樹脂で作られた、軽量、耐水性、耐熱性のエンジニアリングプラスティックであるデルリン製のブレーキレバーを製造しました。鉄、軽合金製のパーツの中にあって、白い硬化プラスティックの製品は珍しく、当時、魅力的に見えました。そんなにも高価で無かったのでAもフラットレバーやギドネットレバーを求めて、半世紀経った現在も使用しています。
 
出品の「MAFAC クリテリウム カンチブレーキセット」は、新品の箱入りを何組か蔵置していた外箱が壊れ、バラバラになったものの中より組合せセットにしたものです。ブレイズドオン用の台座もありましたが、散逸して今回は付属しておりません。クリテリウムには、製造年により千鳥の形状が微妙に違うものや、ブレーキアームピボットに注油孔が空いているものもありますが、今回出品のものには注油孔はありません。また、ケーブル吊り金具の色も微妙に違っています。メイン写真のものが全てになります。未使用品ですが、1970年代の製品ですので経年劣化によるブレーキシューの多少の汚れ・サビ、他僅少なキズなどもありますので、サブ写真等参考の上、ご購入ください。3組ほどセットありますが、今回は写真のものを1点のみの出品と致します。ヒビ・割れ等は無く、実用出来るものです。細かいパーツになりますので、入念に確認・数点検を行って発送致します。
 
 

(MAFAC クリテリウム カンチブレーキセット 締め付けボルト側)
 
 

(MAFAC クリテリウム カンチブレーキセット 台座挿入側)
 
 

(ブレーキシュー ブレーキアーム ロックボルト バネ)
 
 

(ブレーキアームピボットに注油孔無し)
 
 

(ブレーキアーム)
 
 

(MAFAC クリテリウム 1970年代カタログより)

出品者への質問

この商品について質問する
出品者 gottsune
趣味は、自転車・ゴルフ・家庭菜園・写真・パソコンを少々。リタイア後は、ボケ防止にブログ投稿に注力。また、コロナ禍による「新しい生活様式」を模索中。

¥ 2,000送料込み

在庫数 1点
中古品

平均評価

★★★★★
★★★★★(5.0)

配送について

配送方法 レターパックライト
発送までの目安 3日
配送エリア・備考等 日本国内のみの配送 レターパックライトもしくは宅急便コンパクトにて発送の予定になります

お支払い方法

下記のクレジットカードがご利用いただけます。

¥ 2,000 カートに入れる
残り1点です