CSSテスト中

マルシェル by goo - Marchel

公式インスタグラムで商品紹介中

M.M ATOM クイックリリースシャフト前後セット

杉野鉄工所の1965年頃のカタログには、「輸入品 自転車のメッカ、本場フランスのトップメーカーM.MAILLARD社と日本の技術を代表する ゛杉野 ゛が提携、ノックダウン生産を開始します」として、「スギノ アトムスポーツハブ QR(アトム M.M)サイクリング、レースに良し 510g 」とありますが、このカタログに載っていたアトムクイックリリーススモールフランジハブのクイックシャフトには「M.M ATOM」の刻印が入った平直クイックレバーに円錐の頭頂部を少し削りローレットが裾回り全周に入ったロックナットのものでした。その後、700シリーズにおいて「M.M ATOM」の刻印入りクイックレバーは湾曲し、デルリンを被せた二重構造の変形蝶付きナットに変わりました。
 出品のものは、1970年代の700シリーズのクイックリリースシャフトと思われます。梨地に「M.M ATOM」の刻印入りクイックレバーは湾曲し、デルリンを被せた二重構造ナットです。120~126mmの後ハブ用リヤシャフトの軸長は150mm、実測重量88g。100mmの前ハブ用フロントシャフトの軸長130mm、実測重量85g。目立つメッキ部の剥がれはフロントシャフトの偏心レバーのカップ部です。他に著しいサビ・汚れは見当たりません。長期保管品ですので前後のシャフト表面も薄らサビがありますが、真鍮金ブラシで幾らかは除去できました。メイン写真のものが全てになります。メッキ部の剥がれ、その他詳細個所はサブ写真をご参考願います。

商品ストーリー

M210706 ATOM スモールフランジQR 36H ハブ
 
 
フランス北部ノルマンディのInchevilleで1909年、モーリス・マイヨールによりマイヨール(メイラード)社は、フリーホイール・ハブ・ペダルの自転車部品を製造する工場として創業され、息子ピエールの時に社業は発展しました。第二次世界大戦中、ドイツにより工場は爆撃を受けるほどで、1960年代アトムとノルマンディを買収した頃には、住人を上回る2000人以上の労働者がおりました。1970年代莫大な量のハブとフリーホイールを生産し、スポーツ車の標準仕様としてラレーやドゥーズの大手メーカーに納入されていました。またこの時期、ノルマンディのラージフランジハブは大流行し、イギリスのロン・キッチンは、アトムとノルマンディのコピー製品をミルレモブランドの下、直接製造していました。ヌフシャテルアンブレイとアビービルに子会社を持っていましたが、その後、プジョーグループに売却されました。1980年代イタリア製コンポーネントパーツに対抗し、マイヨール700シリーズが登場。また、カンパニョーロ・シマノに対抗するフランスパーツメーカーの統合ブランド「スピデル」が発表され、プジョーの車体に使われてツール・ド・フランスで活躍しましたが、1990年代、セディス・ユーレー等と共にドイツ・ZFザックスに吸収されました。
 
出品のATOMのハブは、ハブシェル本体は軽合金、Q中空アクスル/Q貫通シャフト軸は共に鋼製、Q中空アクスル長・後122mm/前98mm、36H、実測重量526g。Q貫通シャフト軸レバーに「M.M ATOM」の刻印がありますが、ハブシェル本体には全くの「刻印無し」になります。本当に ATOMかな?……と思うところですが、1960年代初期の製品とAなりに行き着きました。
このハブは1969年頃、外国自転車部品輸入卸業者より購入したランドナー車(当時はツアー車)の車輪を構成していたものです。リムはアラヤのタコ穴3/8×26、1/2アメ色セミオープンタイヤが装着してあったと思います。そんなにも部品にこだわりがあった訳でもなく、ハブの銘柄にまで気にしませんでした。結構ハードな乗り方をしましたので、フランジのスポーク穴はそれを物語っております。
杉野鉄工所の1965年代頃のカタログには、
「輸入品 自転車のメッカ、本場フランスのトップメーカーM.MAILLARD社と日本の技術を代表する゛杉野 ゛が提携、ノックダウン生産を開始します」として、「スギノ アトム スポーツハブ QR(アトム M.M)サイクリング、レースに良し 51Og」
とのコマーシャルがありますが、Aはスギノ アトムを見たことはありません。時期的に前後しているATOMのハブ、出品の「刻印無し」ハブは何か関係があるのでしょうか? ATOMのラージフランジハブ、ノルマンディのスモールフランジハブはどこかにあるのでしょうか?
 
出品のハブは、同種のものを2つ所持しております。他のもう1つは、フリー側スペーサーが少し違っております。前後ハブのスポーク穴に使用感が多分に現れております。ハブシェルはコンパウンドで研磨、アクスルとQシャフト軸回りは真鍮ブラシ掛け、Qシャフトパーツは「花咲かG~」で浸け置き洗浄しました。リヤは回転滑らかですが、フロントはゴリ感があります。メッキ部分で一部くすみとザラつきがありますが、ブラシ掛けで著しいサビは見当たりません。グリースの状況はわかりません。年代物の中古品ですので、細かいキズ・サビ・擦れ・汚れにつきましては、ご理解願います。メイン写真のものが全てになります。ヒビ・割れなどは認められませんので、車輪組み付けは可能と判断します。他サブ写真等を参考の上、ご購入下さい。重ねて、M.M ATOM刻印のシャフトレバーは付いておりますが、ハブシェルにはメーカーを確定する刻印は全くありません。非常なレアものかも?
 
 

(ATOM SFQRハブ メイン写真)
 
 

(ATOM SFQRハブ Qシャフト軸のM.M ATOM刻印 サブ写真1)
 
 

(ATOM SFQRハブ フランジスポーク穴 サブ写真2)
 
 

(ATOM SFQRハブ 横写真 サブ写真3)
 
 

(ATOM SFQRハブ フリー側写真 サブ写真4)

出品者への質問

この商品について質問する
出品者 gottsune
趣味は、自転車・ゴルフ・家庭菜園・写真・パソコンを少々。リタイア後は、ボケ防止にブログ投稿に注力。また、コロナ禍による「新しい生活様式」を模索中。

¥ 2,000送料込み

在庫数 1点
中古品

平均評価

★★★★★
★★★★★(5.0)

配送について

発送方法 普通郵便(定形、定形外)
発送までの目安 3日
配送エリア・備考等 日本国内のみの配送になります 梱包状況によりレターパックライトの発送予定もあります

お支払い方法

下記のクレジットカードがご利用いただけます。

最新の感想・コメント (もっと見る 12件 )