CSSテスト中

マルシェル by goo - Marchel

公式インスタグラムで商品紹介中

知の冒険アクリルキーホルダー

日本再発掘ブログ『知の冒険』のロゴが入った、アクリルキーホルダーです。サイズは40×40mmです。このキーホルダーをつけて、博物館を巡っていただくと、知の冒険の管理人である丹治が喜びます!

商品ストーリー

こんにちわ!
今回でgooブログ二回目の投稿となるわけですが、今回も知られざる博物館を紹介していこうと思います!
今回は奈良県奈良市にある「ならまち糞虫館」という博物館を紹介したいのですが、、

その前に、奈良県にある奈良公園といえば、鹿で有名ですよね!
奈良公園周辺には1500頭ほどのシカがいるといわれており、
明るくなれば奈良公園にやってきて、観光客と触れ合う光景を見ることが出来ます。

最初は「うわ~、鹿だ~」と感動するものの、鹿せんべいを求めて追いかけて来るし、
観光客の荷物に噛みついたりと、少し恐怖を感じることも多々あるわけですww
 
私も、風景を撮ってたら後ろからどつかれたり、
持っていた紙袋を引きちぎられたりました(笑)
 
そんな奈良公園ですが、たくさんの鹿がいれば、それだけたくさんの糞をします。
一日に、合計すると1トン近い量の糞をするそうですよ!!
 
毎日毎日、ウンコをしまくってたら、奈良公園周辺はウンコまみれになるじゃないっすか??
でも、そうならないのは、別に奈良市が清掃員を雇ってるわけでもないんですよね。
 
じゃあ何でかというと、、、
 
それは、糞虫がいるから!
糞虫が、日々、鹿の糞を分解して土にかえる手助けをしているからウンコまみれにならないわけです!!
なるほど~~(・o・)
 

糞中とは、「糞を食べるコガネムシのなかま」のこと。
見た目はこんな感じで、黒や茶褐色なものから、赤、青など様々な色を呈してるみたいです。
 

この「ならまち糞虫館」は、中村さんが個人で運営する個人博物館。
昔ながらの町家建築が立ち並ぶ観光地にあるんですが、細い路地の中にあり、なかなか見つけずらいので要注意ww
 

中村さんは中学校の時、友達が作った糞虫の標本に感動し、
家の近くにある奈良公園には糞虫がたくさんいることから糞虫探しに没頭。
そして、糞虫は当時あまりその生態などが知られてなかったことから、
捕まえた糞虫を飼育しながら、その生態を知ることに没頭したそうです。
なぜ糞虫にハマったのかというのが気になるわけで、昆虫というとクワガタやカブトムシが定番ですよね!
でも、そういった昆虫の生態は知られていたため、
ミステリアスだった糞虫にハマっていったんですって!!
 

館内には、日本のみならず、世界中に生息する糞虫の標本が陳列されています。
標本ケースにだけでなく、こうしてむき出しの状態でとても見やすいのが良いっすね!
 

アフリカの糞虫は、象など巨大な動物の糞を食ってるだけあって、やたらデカイ!!
 

虫メガネやライトもあって、糞虫の細かい部分まで観察できます。
 

館内には、糞虫の標本だけでなく、中村さんが書かれた糞虫の書籍やTシャツなどのグッズもありますヨ!!
 
奈良公園は、広島の厳島、宮城の金華山とあわせて、糞虫の三大聖地と言われているそうです。
まぁ、鹿たくさんいますからね!
 
それゆえ、糞虫館の館長を務めるかたわら、奈良公園の糞虫観察会、
あとは講演だったりと、糞虫の魅力を伝えるべく精力的に活動されているんですよ!
ということで、奈良へやって来た際は、鹿に鹿せんべいを挙げるだけでなく、
知られざる糞虫の世界にも、足を運んでみてはいかがでしょうか~??

出品者への質問

この商品について質問する
出品者 知の冒険

¥ 550送料込み

在庫数 30点
新品・未使用

平均評価

★★★★★
★★★★★

配送について

発送方法 クリックポスト
発送までの目安 3日
ギフト対応 対応不可
配送エリア・備考等 サイズは40×40mmです。
潜航販売という形になっており、現在制作中ですので完成してからの発送(完成してから3日ほどで発送の予定です)と見込んでおります。
製作の完成は、10月1週目を想定しております。

お支払い方法

下記のクレジットカードがご利用いただけます。