CSSテスト中

マルシェル by goo - Marchel

公式インスタグラムで商品紹介中

『旅異形#2』

それは、とつぜんの豪雨の中、何処とも知れぬバス停で、なぜかそこにある傘の下で、しらないなにかを待ち続けているのです。

一点かぎりです。
145mm×145mm。枠は付属します。

商品ストーリー

マルシェル出品作品、『旅異形#2』についての小話です。
・・・についてというより、今回は、これを作っている間にまとめた思考というか、雑談のようなものになります。黙々と作業しているあいだに、このような思考をすることが趣味だったりします。


(↑枠なし)
 
さて、今月は、「夢」というものについて思考する時間が多かったです。
将来の〜という文脈で使われるほうではなく、眠っているあいだに見るものですね。
 
「あれ」に見せられるものは、どこか歪であったり、欠けていたり、わけわからなかったりしていて、でも「それ」の中の自分は、そういうものたちを何の不思議にも思わず、すんなりと受け入れているのです(その不自然に気づいた状態を「明晰夢」というのですが)。
この「夢」という映像体験は、個人的に、創作のモチーフとして非常に興味深く、あるときからずっとノートにかきとめていたり、SNSのフォロワーに募ってみたりして、さまざまなものをあつめていたりします。
あれは、確実に過去の自分の体験・経験・思考のなかから選び抜かれ、それをランダムにぐちゃぐちゃに構成したものだから、見たことあるけどないような、存在すれどしてなくて・・・な映像を見せてくれる。
いくつかの例を見てみると、それは意地悪いことに、おそれているもの、心配事を抉り出し、ご丁寧に肥大化して見せたりする。または、あれがしたいな、これがいいなというようなものを、そのままうつしてくれる。我々はあちらから、モノを持ち帰ってくることはできないけれど、暗闇の旅路のせめてもの土産として、ときどき感情を持ち帰る。
きっとあれには悪気や、逆に親切心などもなく、ただその時ここに見えるそのままを案内している。豪雨のように突然にくる、不条理な怪異です。
そしてこの映像は、物語のタイミングとはいっさい関係なく、突然ぱっと切れる。霧のはれたころに、わかる時は、「いまの夢って昨日のあれだなあ・・・」と、自我の思考で答え合わせができるのだが、ほんとうにわからないこともある。
ただ自分には、物語の終わりとともに目が覚めることがあり、これを「よくできた映画みたいな夢」とくくっていたりします。
 
この、あっちの世界として明確な境界線はあれど、なんとなく、こっちの世界の続きの怪異は、境界の壁の薄い人間、つまり、こっちの精神状態をあっちに反映しやすいタイプにとっては、あまり深入りしてはいけない存在らしく、からかわれたのかなんなのか、日常生活に少々干渉されたというか・・・。
夢日記をつけすぎるとよくないみたいな話はありますが、あれは人によってはほんとうです。そうだと思います。
 
・・・というわけで、今回の『旅異形#2』のモチーフは、豪雨です。それもとつぜんにくるタイプのやつです。
ちいさな存在は、バス停で、来るかもわからないバスを、どこにいきたいわけでもなく、そしてなぜか都合のいいことに用意されている傘の下で、待ち続けているのです。それを何の不思議にも思いません。それがそうなっていたからです。
お気に召しましたら、ぜひ、どうぞ。
 
 
それから、今回の散文は、いささかこちらの作品に関係があります。
 

こちらの制作日記も別で書いたは書いたのですが、大々的に、別所のここでこのはなしをしているというのは言っていませんので、このブログを見てくださった方へ、こっそり。
それじゃあ、また・・・。

出品者への質問

この商品について質問する
出品者 caitromen
彩斗櫓鮸 / さいろめ ともうします。
創作をやっています。絵をかいたり、曲をつくったりしています。
どこかしらの学生です。

¥ 3,000送料込み

在庫数 1点
ハンドメイド・創作品

平均評価

★★★★★
★★★★★(5.0)

配送について

発送方法 レターパックプラス
発送までの目安 3日
ギフト対応 対応不可
配送エリア・備考等

お支払い方法

下記のクレジットカードがご利用いただけます。

最新の感想・コメント (もっと見る 1件 )

  • 『旅異形#1』
    ★★★★★
    ★★★★★(5)

    『旅異形#1』

    作品受け取れましたーっ 可愛い子達をありがとうございますーっ 頑張ってください (2022/08/06)